日本語教師net

通学制スクールに通い日本語教師になるために

日本語教師養成講座

勉強道具

民間のスクールが開講

日本語教師養成講座において、420時間以上の教育を受ける事が日本語教師になる条件になります。この日本語教師養成講座は民間の通学制スクールで学ぶことができます。

通信制は認められない

通学制ではなく通信制の日本語教師養成講座もありますが、通信制では420時間の教育と認められず、他の条件である日本語教育能力検定試験の合格に向けた通信制の講座となります。

日本語教師に必要な講座

通学制のスクールで学ぶのは、日本語教師として教える立場として必要な知識を学ぶことができます。教師として教壇に立つための教育課程を採用しています。

全国各地のスクールで

全国各地で日本語教師養成講座を受ける事ができます。専門学校や民間のスクールで受講することができます。

講座修了で日本語教師認定

講座がすべて修了すると、日本語教師としての資格基準のクリアになります。日本語教師養成講座を経て日本語教師になることができます。

日本語を教える講師に

通学制のスクールで日本語教師養成講座を受ける事で、日本語を教える人としての教育を受けることができます。

日本語教師になる方法

日本語教師として働く

日本語教師として働くには、教員免許は必要ありません。大学や企業、民間の日本語学校などの教育機関で日本語教師として日本語を教える事が仕事です。

日本語教師の条件

教員免許が無くても日本語教師になれますが、日本語教師の求人には応募条件が提示されています。3つのいずれかを満たしていれば日本語教師として働くことができます。まずは3つの条件について説明していきたいと思います。

日本語教師養成講座修了

国内外の教育機関で日本語教師として求められている条件が、日本語教師養成講座の420時間修了していることです。420時間の日本語教師養成講座は「日本語の知識」と「日本語の基本的な教え方が身についている」を両方学ぶことができます。日本語教師としての養成が受けられる学校です。これを満たしていれば日本語教師として働くことができます。

日本語教育検定試験合格者

しっかりとした日本語の知識を持っていないと取得が困難な資格なので、資格取得者は日本語の知識を身につけていると評価されます。そのため、日本語教育検定試験合格者を採用条件としている教育機関が多いです。

日本語教育課程専攻修了者

大学や大学院で日本語教師になりたい方は、日本語教育課程を主・副専攻修了する必要があります。しかし、修士以上の学歴を持っていなければ、日本語教師として働くには難しいようです。大学で日本語を教えたい方は必要な資格になることでしょう。