日本語教師net

大学を卒業することで日本語教師の資格が手に入る

日本語教育科目の履修

婦人

大学卒業と同時に資格へ

大学で日本語教育科目を主・副専攻で履修し卒業することで日本語教師としての資格の1つとなります。

全国の大学に学科を設置

全国の大学に日本語学科や日本語日本文化学科が設置されています。その教育課程で日本語教師に必要となる知識を得ることができます。

4年間という長期間かけて

大学生活を送るため、資格取得まで4年間という長期間かかります。現役の高校生で日本語教師を目指す方は、大学という選択肢が良いでしょう。

社会人の方は別の方法で

既に社会人の方で日本語教師を目指すために大学に入学するというのはハードルが高い事でしょう。日本語教師は「420時間以上の専門教育を受ける」ことや「日本語教育能力検定試験に合格」することで資格を得られます。

日本語教師に聞いたQ&A

日本語教師は何が大変?

日本語教師になるために最も苦労したのは「日本語」の勉強です。これまでの生活で何気なく使っていた日本語を見つめなおすことや、人に教えることを考えると大変です。

日本語を教える時に躓いたことは?

授業中に不意にくる質問に答えることに躓きました。日本語の使い分けや似通ったニュアンスの違いを教える時にすぐに答えられなかったりと、授業中に勉強になることが多いです。

日本語を教える楽しみはどういったところですか?

文化や考え方が何から何まで違う外国人の学生から日本との違いを聞くことが楽しいです。意見交換はいつも新鮮です。

日本語教師の魅力を教えて下さい

生徒とコミュニケーションを取れた時が一番達成感があり日本語教師をしていてよかったと感じる魅力的な一面です。

日本語教師の勉強方法は?

日本語の全範囲を網羅できるような学習環境が必要です。日本語能力検定試験も諦めなければ必ず届く目標なので目指すようにしましょう。